~花と緑で心を豊かにするエッセンスをお届けします~

8月5日 今日も元気に!

8月5日 今日も元気に!

変わらぬ技術をさらに・・・

2006年からはじまった花のクラフト「レカンフラワー」は、押し花でも同様な技術をもつ押し花作家・杉野宣雄氏が開発された技術です。生花を乾燥させて半永久的にそのまま、色、形を残すという画期的なもの。いまでは、その美しさが反響を得て、「レカンフラワー」以外にも立体として生花を残すクラフトがたくさんでています。

生涯学習としてお教室活動をすすめなががら、ブライダルブーケや記念の花束を形に残すビジネスとしてのお仕事は、同じ頃からはじまりました。今回の写真の作品はその頃に制作したものです。15年前のものです。

いまでもこんなにきれいに残っているんです。着色は一切していません。

心のこもった花束をそのまま残せる技術。押し花、レカンフラワーは、ビジネスとしていまでもずっと続いています。そして、いますべての技術をふまえてアミュレットフルールの展開がはじまりました。

平面、立体、そしてお客様のニーズに応えて部屋に飾りやすく、ずっとそばにおいていただくために、開発されたあたらしい技術です。

これからの展開が楽しみです。

Reporter:岩本裕子

8716.kurashi INSTAGRAM
花と緑で彩る暮らし

ブログ
http://botanicart.blog105.fc2.com/
FACEBOOK
https://www.facebook.com/yuko.iwamoto.1276/
INSTAGRAM
https://www.instagram.com/yuko_iwamto_fg/?hl=ja

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest